アスベスト圧縮固化工法協議会
アスベスト圧縮固化工法協議会
本部事務局:
〒105-0003
東京都港区西新橋1-22-5
新橋TSビル3F
株式会社AGUA JAPAN内
TEL: 03-5251-5616
FAX: 03-5501-2082

工法技術紹介



従来のアスベスト処理工程に圧縮固化工程を加え、さらなる安全を提供します。アスベストを除去後、圧縮固化することにより、運搬中および最終処分場で万一袋が破損しても、アスベストが飛散する危険性を大幅に低減。
今後ますます厳しくなる法規制に先んじたアスベスト処理法です。

アスベスト圧縮固化工法の優位性

従来工法との比較
項目 従来の除去 A.S.S.工法
現場の施工性・安全性 有機系処理剤を使用する場合には、作業員に対する二次被害の危険性がある 完全無機の処理剤であるため、作業時の二次被害が無く、施工性が良い
運搬時・埋立時の袋の破損 空気が多く含まれているので、二重袋が破れる危険性は大きい 圧縮により余分な空気が少なく、二重袋が破れる危険性は小さい
廃アスベストの飛散性
(運搬時・埋立後)
除去した状態のまま袋詰めするため、二重袋が破れた場合、廃アスベストが飛散 二重袋が破れた場合でも、廃アスベストの飛散の危険性が著しく少ない
埋め立て後の有害物の溶出等の二次被害 溶出等の危険性あり 溶出等の危険性なし
特管処分場の残余容量問題 現状のまま 廃アスベストの減容により処理場の延命化に貢献
運搬・処理の手間・コスト 体積が大きく非効率 減容により体積が小さくなり、運搬・処理コストを低減